ココのブログ

生活していく中での理不尽に対する疑問や思った事を書きたいときに書いているブログ。好きなものは、アジカン/ヒトカラ/ポケモンGO/スマブラ/カブトムシ他

ドット絵を始めてみた

みなさんどうも。

 

先週の土曜日に、ドット絵を描くことを始めてみました。

こんな感じです。

f:id:coco0245:20180214212548j:image

自分で言うのもあれなんですが、初めての割には上手くいったのではないでしょうか。

慣れた人から見ればやり方が間違っていたり、この程度かとか思うかもしれないですが、

自分が良いと思えればまずはそれでいいです。

 

このドット絵、一体何なのかというと

私が好きなポケットモンスターに出てくる『コイル』というでんきタイプポケモンです。

ピカチュウを描けば誰でも分かるんでしょうが、あの子輪郭を描くのが難しい笑

ということで、コイルが一番好きというわけではなく、何か描きやすそうだったからこの子を選びました笑

 

やり方としては、EDGEというドット絵を描くためのツールをダウンロードし、

描きたいものを選ぶ。

まずは、描くものを下絵として黒色で縁だけを描く。

そこから塗りたい色をパレット上で赤緑青を混ぜて調整して塗っていくという形です。

塗りたい色と影の色と光が当たっている部分の色の3つを使って描いていっています。

他にもこんなのも描いてみました。

 

またまたポケモンの『スイクン

f:id:coco0245:20180221101653j:plain

ドラクエの『スライム』

画質があっらあっらですが

 f:id:coco0245:20180221102745j:image

描いてる時凄い楽しかったんで

時間ある時またちょくちょく描いていきたいと思います。

 

凄い知り合いがいる。だから何?

みなさん、どうもココです。

何かやたらと自分の知り合いを自慢してくる人って皆さんの周りにもいませんか?

「俺、これこれこういう事を成し遂げた事がある人を知ってるよ」とか、

「私、あの芸能人の親戚の親戚なんだよね〜」とか。

何か偉業を成し遂げた人とちょっとした繋がりがあったり、その人と遠い親戚の関係にあったり。

 

言わせて下さい。

クソほどどうでもいいです。

 

そもそも、あなた何にもしてないじゃん!っていう。

別にあなたが凄いんじゃなくて、その知り合いが凄いはずなのに、何を自分が苦労してやってきたかの様に話しちゃってるの?って感じです。

 

ただ知ってるだけだったら、正直何の価値も無いと思います。

その知っている事をあなたはどう活かせるのかを聞きたいです。

 そういうどうでもいい事を自慢している時間があるなら、自分の能力で誇れる所を磨いた方が良いのではないでしょうか。

誰を頼りにしていいのかが分からない

私は昔から余り人を頼る事が多くありませんでした。

親には心配掛けてはいけないと子供心ながらにも感じ相談せず、

友達にもこんな事話していいのかなんて考えて相談せず、

最後の最後までいってどうしようもなくなってからもう無理ですとなってしまう事がよくあります。

 

昔から相談しなかった事により、

いざという時誰を頼りにしていいのかの見分けがつかない事に気が付きました。

だから誰にも相談出来ずに、1人で抱え込んでしまうのでしょうね。

 

今までやってこなかった事が出来ないのは当然の事で、ゲームでいうレベルが全く足りていないのです。

何もしてないから経験値が貯まるわけでも無いし。

こんな風に考えたら、確かにな〜なんて納得してしまいました。

 

でも、嫁さんになら話す事も出来るんだよな〜という事にも気付きました。

しっかり者の嫁さんで本当にありがたいです。

 

まずは、一番身近な嫁さんへ少しずつ色々な事を話すようにし、経験値を貯めて、相談のスキルを習得出来るように頑張っていきます。

1人で抱え込まない!!

抱え込んでも持てない物は持てない!!

終わり!!

退職前のちょっとした面談がありました

私は今とある企業に勤めているのですが、諸々の都合があり、退職しようと動いています。

上司との面談もあらかた終わり、

今日は、私の所属する部内で人事じゃないけど人事的なポジションにいる方との面談がありました。

 

人事的なポジションとは一体何ぞやと言いますと、

真の人事だと、新入社員の採用とか社員の給与とかの仕事をしていますが、

この人事的な方、裏人事とでも呼びましょうか。

私の部内での、部署移動であったり、

若手社員から役職を持った社員までのメンタル面を面談等を交えてサポートしてくれたりといった事をしています。

私が鬱になった時に相談し、即座に職場異動に踏み切ってくれた方でもあります。

 

そんな方と今日面談したのですが、

ちょっとした会社の闇を聞きました。

 

私は今、有休休暇が25日ほどあります。

勿論、最終出勤日を終えた後は、

この有休休暇を消化し、その日を退職日にしようという考えがあったのですが、

裏人事にそれは無理かもしれないと否定されました。

 

ファッ!?

え?何でや何でや?

 

真の人事とも繋がりがある裏人事。

裏人事はこう続けます。

 

「奴ら真の人事は冷酷。

辞めると分かっている者に、有休休暇を消化させるのは余計な金を払うのと同じ事。

有休休暇を使わせる前に、最短で退職とみなし、後の祭りとさせるのだ。」

 

まさに闇人事。恐るべし。

こんな企業だとは思わなかったです。

入ってみないと分かりませんね。

 

まあ実際に、直接真の人事と話したわけじゃないので自分で確かめる必要はありますが、誰か部内の人間が辞める時には必ず闇人事と裏人事が同席するらしいので結構な割合で信じていいかと思われます。

 

私でもさすがにこれはいかんでしょ!

と感じたので、自宅へ帰ってからちょっとだけネットで検索してみました。

 

労働基準監督署に是正を要求する必要がありますが、

確実な証拠がないと、ここは動かないらしいです。

 

有休休暇を申告するという旨の書類を送り、そこで有休休暇分の給与が支払われていないというのが分かって初めて是正に動くみたいです。

しかし、今回の場合、

有休休暇消化前に退職とみなされるため、どう動こうか。。。

 

一つ対策案は浮かびましたが、

少しネットで調べただけで、

他にも似たような案件が沢山ヒットしたので、その方達が実際に行ったり相談に対する回答等も参考にさせてもらい対策してみようとは思います。

 

 

付き合って結婚するまでに

そんなに長い期間要らないのではないかと思います。

付き合って一年になる彼女と去年春に無事入籍し、既婚者となりました。

その経緯として、出会いはSNSです。

スマホの普及により、SNSでの出会いは、ガラケー時代に比べ急激に増加していますね。

SNSでの出会いって怖い、オフ会とか怖いと思う人もいるかもしれませんが、正直世界が狭いと思います。

だって、こんなに世界中にあらゆる人間が居るにも関わらず、自分が生まれた地域や学生時代、会社で築き上げた関係としか繋がり会えないのって今の時代ちょっと勿体無いと思います。

今はスマホ一つあれば、簡単に繋がれるのにな〜なんて思ったりします。

 

妻とは同じ趣味という事もあってお互いのアカウント同士でフォローし合い、そこから親密な関係へとなっていきました。

最初は、正直全然気にも止めておらず、初めの挨拶程度の関係でどうせ終わるんだろっていう思いがありましたが、SNS間の共通の友達とも交えて交流する事で次第に仲良くなっていきました。

 

 結婚するまで早かったねとか年齢にしては早いねとか友達とかによく言われたりしました。

結婚するにはよく相手を見極めてからというのは理解出来ますが、何年もダラダラと付き合い続けるというのは余り意味が無いのかなと思います。

 付き合っている段階と結婚した後では、人が変わったなんて話もよく聞きますし、結婚してからで無いと分からない面の方がほとんどだと思います。

それにどれだけの年数付き合ったとしても、彼彼女の全てが分かるわけがないと思います。

隠し事の一つや二つ誰しもありますし、好きな人だと言っても自分とは違う人なのです。

お互いの全てを理解するなんて絶対に出来ません。

 

私の好きなミュージシャンにASIAN KANG-FU GENERATION 略してアジカンという有名なグループの、”新世紀のラブソング”という楽曲があります。

その中にこんな歌詞があります。

本当の事は誰も知らない

あなたのすべてを僕は知らない

それでも僕らは愛と呼んで

不確かな思いを愛と呼んだんだ

お互いの分からない事を日々の中で埋めていくのが愛なんではないかと私は思います。

分からないから分かり合おうとする。

心の隙間を愛で満たしていく事でより親密な関係になっていくのではないかと思います。

(作詞した方がどういう思いで書いたのかは分かりませんが、私はこんな風に解釈しました。)

 相手の事がもうすでに分かっている状態では、今後の付き合いは絶対に面白くなりません。

例えば、映画を観に行くとして最初から最後までネタバレされてしまったら、面白くないじゃないですか。

先が分からないから、これからどうなるんだろうとか考えながら歩んで行くのが楽しいんだと思います。

 

何年もダラダラと付き合い続けるのは、

結婚すると自由に遊べなくなるとか、

結婚は墓場だとか言われているというのもあるのではないかなとも思いますが、

遊び足りないなら一生1人で生きた方が良いのではと思いますし、

結婚を墓場にするかどうかは、自分次第じゃないですか。

墓場になったなら、日頃の自分の責任だし、

それを嫁や他の人のせいにするのはおかしな話です。

 

出来ないと思ったら、出来っこないので。

私はいつまでも新婚の気持ちを忘れずに、結婚生活を楽しんで生きていきます。

 

 

自分の感情を殺して生きる弊害

日々の人間関係のストレス等で、自分の感情を殺し抑え込んで生きていないでしょうか。

私は、幼い頃から結構人の目を気にするタイプで、

「こんな事していたらあの人は良く思わないんじゃないか」とか、

自分に直接何も言われていないのに、一人でぐるぐると考えこんでしまう癖があって、

そのせいで、自分感情を押し殺して何十年も生きてきました。

その弊害が大きくなっていた事に今になって気付いたような気がします。

居心地の悪い環境で長い間過ごすと、自分が気付かないうちに自分を傷つけてしまうみたいですね。

 

昔は、好きな事が沢山ありました。

ゲームやアニメやプラモデル。

他にも、音楽や歴史や裁縫や工作。

今も続けている物はありますが、何か惰性で続けてきた様な感覚で、

ほとんどが興味を無くしてしまいました。

何故だろう?と最近考えてみたところ、自分の感情を抑えていたからではないだろうかと思うようになりました。

「こんなものを趣味なんて言ったら馬鹿にされ、笑われちゃうんじゃないだろうか。」

「こんな浅い知識で、好きだと語ってもいいんだろうか。」

誰にも言われていないのに、ただ一人考え込んでしまっていました。

そして、

「これは私の様な人間がやってはいけないものなんだ。」

みたいな解釈を心のどこかで下して、

どんどん興味を無くし、好きなものが私の中から遠ざかって何も無くなってしまったんだと思いました。

 

本当に後悔しています。

私が好きだったもの達へ謝りたいです。ごめんなさい。

そして、私自身にもごめんなさい。

私が一番自分の事を認めてあげなきゃいけない存在なのに、

自分で自分を否定していました。

だから、人に褒められても嬉しさが全然無かったのかもしれないです。

私なんかが褒められる様な事を出来るわけが無いなんて思っていたんですね。

 

何故自分がこんなにも好きな事を見失ってしまったのかが、

自分に問い続けてきた事でようやく分かったような気がします。

二度とこんな後悔はしたくないです。

自分の感情を抑えて生きると、自分をどこかへ忘れて来てしまいます。
自分を導いてあげられるのは自分しかいません。

これからは、自分の好きなものは自らこれが好きですと言い続けていきたいです。

そして、色んなものに触れて好きなもので満ち溢れた道を歩いて生きたいです。

最初は、ぎこちないかもしれませんが、

まずは「これが好きなんだ」と思う事から始めて自分を認める練習をしてみようと思います。

 

 

 

 

仕事等で「使えない奴」扱いされても

生きていると本当に心無い言葉を、吐き掛けてくる人っていますよね。。。

面と向かってよくそんな言葉言えるよな~、今までどんな教育受けてきたんだよって思います。

私も仕事を始めてからこういう言葉をちょくちょく聞くようになりました。

先輩が後輩に対して言っていたり、上司が部下に対して言ったり。

もちろん、私も言われちゃった事もあります(笑)

客観的に書いてみると、本当に頭おかしい環境に居ますね私(笑)

辞める決断をするのが、遅すぎた感。。

まあそれはいいとして。

 

言っている側の人は分からないと思いますが、真面目な人って「お前、使えないな」みたいな言葉を、真正面から受け止めてしまうんですよね。

だから、本当に自分は使えない人間なんだと思っちゃって、

何とか頑張って二度と同じミスをしないように対策するんだけども、

言われた事が忘れたつもりでも意外と頭に残ってたりして、また同じミスを繰り返したりしちゃった時に、

フラッシュバックして「あ~自分って本当に使えない人間なんだな~」みたいに妙に納得してしまうわけです。

鬱になる前の私が、若干そんな感じでした。

負の連鎖でどんどん苦しくなっていって、鬱になってしまうみたいな。

ひどい時だと、

 

先輩「お前、ハサミ持ってる?」

私「すみません、持ってません」

先輩「本当使えねえな」

 

みたいなのありましたからね。

ハサミぐらい自分で買ってこいや、クソゴ〇があああ!!!!!ってずっと思ってました。

多分その人も昔に同じ事を先輩や誰かから言われてきたんだと思いますよ。

自分も言われたから後輩も鍛えてやろうみたいな感じで言っているだろうと思います。

とんだ勘違い野郎ですよね。

 

 

でも、こんな言葉吐かれても気にする必要全く無いと思います。

使えないなんて面と向かって言われてしまっても、

あなたはこんな人の為に生まれてきたわけじゃないですよね。

『私は、あなたの為に生きているんじゃありません』という事をずっと忘れないで抱き続けていて欲しいです。

それか、別にこんな奴に敬語使わないでもいいかなとも思うので、

『うるせえよ、話しかけんなク〇が。そんなにしたい事あるなら、自分でやれや』

くらいに思っちゃっても良いと思います。

あなたは、もっと友達と楽しい所へ出向いて遊んだり、大好きな趣味をやったり、

自分自身の人生を素晴らしくより良いものにするために、今まで生きてきているんだと思います。

そんな下らない話を聞くことに時間を割くより、自分の好きな事を聞いていた方が何億倍も有意義ですし、楽しいですから。

 だから、使えない奴扱いされても全然気に留めなくていいんです。

 

 

でも、こんな嫌な経験でも忘れて欲しくない事もあります。

それは、あなたが上の立場になって部下や後輩に同じ事を繰り返さない事です。

それさえ守れば、少しでもこんな事で苦しんでしまう人を減らす事が出来ると思います。

そうすれば、嫌な経験も自分の糧になると思います。

  

以上です。