読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健常者は心の障害者

 

私の勤めている会社では、入社年数に応じて同期生のみが集められ業務に必要な教育を週に1回程度行っている。

様々な部署から同期生のみ招集が掛けられ、30人程度一斉に教育を受ける。

基本的な内容をテキストで講師から教わったり、部署ごとで起こった業務上のトラブル事例を持ち寄って各自発表し、それに対して同期からの質問や講師からの指導が入る。

大まかに言うと大体こんな中身だ。

 

 

その中で今日ふと感じたことがある。

同期生30人の中には、発達障害を持たれている方が一緒に教育を受けている。

名前をAさんとしよう。

 

Aさんも教育に来ている以上、発表しない訳にはいかない。

発表資料を古いファイルから見つけ出し、彼なりに考察し発表に臨んでいる。

しかし、Aさんが発表の出番という時になった瞬間

「クスクス」という小さな笑い声がどこからか聞こえてきた。

すると同時に彼が精一杯発表している前で彼に聞えない様小さな声で彼の事を馬鹿にするような会話が盛り上がっていた。

 

 

差別は良くないです。と誰しもが人前では口にするが実際問題こんな感じの健常者の障がい者に対する差別行為が平気で行われている。

ネット等では、匿名性なのを良いことに「しね」やら「ゴミ」やら心無い言葉が至る所に転がっている。

常に何かしらの上に立っておかないと気が済まないのだろう。優劣付けて自分が上である事を自分自身に認識させて自分の存在価値を見出しているのだろう。

下らない。弱い人間だなと思う。

 

 

こんな心無い言葉を平気で書き込み、思い続ける事は兵器だ。

健常者こそ心の障害者だ。

 

 

 

 


生活・文化 ブログランキングへ