本当に大事な事は言葉じゃ言い表せない

私がうつ状態になって、本当に辛い思いをしていた中、

3/9の16時頃、今の上司から電話がありました。

「お前明日(3/10)飲みに行こう。来たいなら来てくれ。来たくないなら来ないでもいい。お前に任す。」

という内容。

 

このまま家で引きこもっていても何も意味無いと思い、無気力ながらも少しずつ精神が回復してきたような感じだったので行くことにしました。

 

今の上司(40代前半)と先輩(30代前半)と飲みに。

駅前で待ち合わせをし、特に店も決めることなくふらついて、この時期歓送迎会シーズンのため全く店が開いておらず、10件ほど回ってやっとお店へ到着飲み開始。

 

行く前の思いとしては、うつは甘えとか言われるんだろうなとか思っていましたが、暗い話しても台無しだと言って何もその話題に触れること無く一次会終了。

続いて二次会へ。

二次会のお店のオーナー(50代女性)がとにかく凄く、やりたい事はとりあえず何でもやってみて失敗したらそれでいいや成功したらラッキーというような人で、今まで大阪で自分の店やってみたいなという事で飲み屋を開いたり、OLしたこと無いなということで保険会社に入ってみたり、習字の先生やってみたり色々な事をやっている人でした。

そういう人は色々な経験をしているからか、ものすごく話の引き出しが多く、話が絶えずその時の経験とか苦労したこと、その苦労した事が今のどういう所にどう役立っていて無駄じゃなかったとか沢山話してくれました。少し勇気を貰った気がしました。

 

そして、その二次会も終わり上司とタクシーで帰路に。

「人生と言うものは、バイオリズムである。良い時があって悪い時があってその波の中で生きている。今、お前は辛い一番どん底の場所にいるかもしれない。でもそこにいるのが分かっているから、後は上がるだけだ。

人と話す中で、よく聞くことわざとか言葉があるよなあ。それがこの世の中の真理だ。

他人に人生を壊されるのは馬鹿らしいだろう。今壊された経験を糧にしてお前の後輩が入って来た時に活かしてやれ。」

端的にまとめると上司にこう言われました。

正直感動し過ぎて上司とタクシー運転手の前で、号泣してしまいました。

すごい感動したと同時に人間関係で悩まされた奴の事を思い出し、「俺の人生を壊しやがってあの野郎。もうこれからは、思ったことを絶対言えるようにしたい。」と思いました。

自室にたどり着いてからも一人号泣。やっとの事で泣き止んでこの記事を書いてます。

何に心打たれたのかぼやっとしてて的確に言い表せませんが、本当に大事な事は目に見える物では無くて心に届く物なんだなあと感じました。

 

人生の中で嫌な事は沢山ありますが、また逆もその然りで良い事もある。

今悪かったらこれから良い事が訪れる事を信じて、これからの長いようで短い人生力一杯歩んで生きたいと思えた一日になりました。