たばこは長期的な殺人行為

単刀直入に言うと私はたばこが嫌いです。

喫煙者の方には申し訳ないのですが、本当に臭くて仕様が無いです。

でもたばこが嫌いなのであって、喫煙者が嫌いな訳ではありません。

何か社会全体がたばこを吸う人全員をのけ者にするような雰囲気になってきているのは少し違うかなと。マナーがなっていない人のみを嫌うべきです。

「たばこなんかにお金を使うなんてアホらしい」という意見をよく耳にすると思うんですが、それも一理あるとは思います。

けれども、非喫煙者で趣味が車で給料日には車のパーツを買い漁るなり、いじるなりしている人と同じだと思うんです。

車が好きだから車関係にお金を使う。

たばこを吸いたいから、たばこにお金を使う。

どこにお金を使おうが、個人の勝手だし他人がどうこう言う事では無いと思います。

喫煙所内でマナーを意識して吸っていらっしゃる方に対しては、何かを言う権限はありません。

 

でも、歩きたばこ等で受動喫煙させられるのは御免です。

受動喫煙というのは、自分の意思にか関わらず、強制的にたばこの煙を吸わされてしまう事を言います。

たばこの煙には、200種類もの有害物質が含まれており、そのうち70種類は発がん性物質なのです。

たばこには、喫煙者が吸う煙である主流煙とたばこの先から出る副流煙とがあります。

主流煙を1とした場合、副流煙にはニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、一酸化炭素4.7倍。

また夫が喫煙者の場合、その妻が肺がんになる確率は1.3倍程。

がんのみならず、急性心筋梗塞や呼吸器疾患になるリスクも高くなります。

(下記参照)

受動喫煙の怖さを知っておこう | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

医学的なデータを見ても分かるように平気で歩きたばこ等をして副流煙をまき散らしている人は、長期的に見て受動喫煙者の健康を害しているのと同じ事です。長期的な殺人です。

歩きたばこや喫煙所では無い場所で喫煙をしている人を、法で裁けるようになりませんでしょうか。殺人と同等の罪の重さで。