目標を達成するためには乗り越えた先にいる自分を想像した方が良い

春を感じさせるような温かさがしばらく続いていたものの最近になって冬が戻ってきたような寒さになりましたが元気に生きてます。
むしろなぜだか体の中からぽかぽかしています。まるで自分の中からエネルギーが湧いて出ているような。

さて、私は、今よりも自分自身を成長させたいという思いで、実はひっそりと禁欲生活を行っていました。
禁欲には様々な効果があるとネット上では言い伝えられております。
例えば、女子にモテるとか活力が湧いてくるとかスーパーサイヤ人のようになれるとか。
他にも沢山効果があり、検索してみると禁欲にはとても素晴らしい効果がある事が分かります。
禁欲経験者は分かると思いますが、今度こそはと思ってもまた挫折。。
次こそは!!と意気込んでもまた挫折。。
どうしても意志が弱くて続かないって事がよくあることと思います。
どうすれば敵である欲望に負けずに戦い続けられるのか自分で見つけ出した事を綴ってみようと思います。

自分を変えるというのは、心の野獣に屈さず、自分で自分の意思をコントロールする必要があります。
モテるという事を例に出して、「禁欲してモテる」という目標設定をしてしまうと確実に挫折します。
この目標にすると「また次の目標を立てて頑張ればいっか!」という判断をしてしまい、後悔の念に一生駆られ続けることになります。
ではどういう目標設定にすれば良いかと言うと「禁欲してモテる」ではなく「モテるために禁欲する」という風にすべきです。
禁欲してモテるにしてしまうと、禁欲というのはそれぞれ個人によって基準が異なります。1日でも禁欲と思う人もいるかもしれないし、それでよく1日も耐えたぞおれなんて事を自分に言い聞かせて妥協してしまうのがオチです。
しかも、「禁欲」と「モテる」が同じ軸にいるため禁欲してもモテねえじゃねえか!という風になりかねません。
これを乗り越えるためには、『理想とする自分』をまず先に思い描いて欲しいのです。
「モテている自分」という今よりも上のステップに「禁欲」という階段を駆け上がるという事を想像し、今、自分はゴールに向かってただひたすらに突っ走っているんだと思うのです。
そうすれば「禁欲」はただの過程に過ぎず、ゴールに集中する事が出来ます。
すると、気が付けば禁欲出来ていたという風になるのです。

小さな目標を立ててコツコツとやるのは本当にいい事だと思います。
でもまた今度でいいや、次こそは!
なんて事を繰り返してしまっている人は、ゴールに辿り着いている先の自分を想像し目標設定してみるといいかなと思います。