交通事故の件

皆さんお久しぶりです。

先月に交通事故を受けてからようやくひと段落着きましたので詳細を話そうかなと思います。

 

事故当日、T字の交差点で私が右折しようと思い信号待ちをしていました。

歩行者信号もチカチカと点滅し出して、そろそろ左右の信号が赤になり、こちらの信号が青になるな〜っと思いながら待っていました。

すると、そこで左側から右折車がものすごいスピードで右折してきて、かなりのスピードが出ているものですから曲がりきれずに片輪走行しながら私の車へ正面から突っ込んできました。

 

突っ込まれた時は、体自体何ともなくて、自分と相手を安全な場所に移動させたり、向こうの体調聞いて事故の処理をお互いに進めていきました。

事故の処理も難なく進んでいたその最中に、今まで普通に動いていた足から急に痛みが出てきて、終いには自力で歩けないくらいの痛みまでに発展してしまいました。

多分、アドレナリンがドッバドッバ出てたんでしょうね。

そこで、私は人身事故に切り替え、救急車でピーポーされ、入院することに。。。

 

事故られた時は、こっちも正直気が動転していて、相手側に対して文句の一つも考える余裕無かったんですけど、後から段々と怒りが湧き上がってきました。

 事故られた時は、相手が誰であろうと構わず言うべきだと思いました。

怪我で苦しんで動けない時に、どうして自分は何もしていないのに、こんな思いをしなければいけないんだという気持ちで悶々としてしまいます。

 

そのぶつかってきた相手は若い女で、軽自動車を運転していました。

初めての事故だったらしく、しかも加害者側だったので泣いて震えていました。

ふと見ると彼女が座っているシートにスマホが置いてありました。

多分、スマホ見ながら運転して曲がらなきゃって思ってハンドル切ったけどスピード出てて曲がりきれずに衝突したって事だろうなと推測しました。

警察の方に言ってもだめでしたが。

 

軽自動車って車重軽いし、なのに車自体縦長いものが多いのに、それで高速でカーブに進入してきたらそりゃ片輪浮きますわなって話ですよね。

それで、制御不能になって突っ込まれるっていう笑

怪我はするわ、車は壊されるわでとんだ災難でした。

 

そこで、私が今回のもらい事故での話の進め方、こうすれば良かった事を列記したいと思います。

 

①ぶつかられてすぐ痛みが無くても人身事故扱いにすること

交通事故が起きた場合、お互いの保険会社・警察へ連絡を必ずする事になります。

保険会社には、事故の場所(交差点とか車の通りが多い場所か等を聞かれる)、車の破損状態、レッカーの手配の有無等を話します。

警察には、場所を伝え到着した後に、事故の詳細を聞かれます。

ここで、物損事故扱いと人身事故扱いどちらにするかを聞かれます。

そこで、必ず人身事故扱いで処理を進めていきましょう。

ここで、物損事故にしていても後から人身事故扱いに変更する事は出来ますが、後から痛みはやって来るので自分の身体の事も考えて人身事故として処理した方が良いです。

 

②事故の現場を片っ端から写真に収めておく

まず、事故が起きた時、ぶつかった状況を片っ端から写真に収めておいた方が良いです。

被害者が何を言おうと証拠がない限りは、相手に対する処罰は警察の判断に委ねられる事になります。

私の場合、相手側がスマホ操作していたにも関わらず処罰が軽いものになってしまったようです。

相手の状態、車の状態等、写真に収めておく事をお勧めします。

 

③貰い事故の場合は、言いたいだけ文句を言っておく

これは個人の気持ちの問題になりますが、私の場合これをやっていなかった事で後から悶々とした気持ちが事故後ずっと残っていました。

相手が泣こうが喚こうが関係なしにやららたぶんだけの言葉の仕返しをしてやるべきです。

後から言っておけば良かったなと思ってももう遅いです。

こちらが入院するぐらいのケガを負わされても両者のトラブルを避けるために面会は基本しない事になっています。

加害者に会えるタイミングは事故した時しか無いため、後悔しないようにボロクソに言ってください。

 

他にもあったような気がしますが少し時間が経ってしまっているので何点か忘れてしまっています。また思い出したら書こうかなと思います。

 

今回たまたま私は交通事故の被害者になった訳で、加害者側になる事だって十分にあり得ます。

 運転年数による慣れやらで、横着な運転をしてこういった事故にならないように、日々の運転の仕方を改めて見直さなければならないと考えさせられた良い経験となりました。

 

皆さんも車を運転する時は、防衛運転で出掛けましょう。