仕事の辞め時

私事なのだが、数か月間長時間残業が続いてる事で結構身体的にも精神的にも厳しい状態になってきた。

一体私は何の為に仕事をやっているのか、という事を最近頻繁に考える。

生活していく為というのはもちろんあるし、家族を養っていかなければならないというのも働く意味の中に含まれてはいるのは、他の誰よりも自分が一番分かっているつもりだ。

でも、何かが違う。頭では、働く理由を自分で言い聞かせてそうしなければならないように自分自身をまとめあげているような気がする。

でも、それを心が抵抗している気もする。

両者が一致していなければ、それは今後ずっと続けたい仕事ではない。

では、その仕事をすぐ離れればいいではないか、という話になってくるが、それはまた違ってくる。

それでは、ただ嫌な事があったからといって逃げているだけである。

その嫌な事を克服するため一体何をやったのか。

退職という道を選択する前に、辞めても後悔しないぐらい本気でその仕事に打ち込んできたのか、自分自身に問いかける事が必要だ。

その努力を怠っておいて退職してもまた転職先、もしくは新たなビジネスの場で同じ事を繰り返すだけである。

仕事の辞め時というのは、自分が努力して努力し尽して、仕事が楽しく回りだした。もしくは、努力してもどうにもならなかった。

それが訪れた時が、そこを離れるGOサインなのではないかと思う。

ただし、例外として極度のパワハラや肉体的精神的問わない暴力を受けている時は、即座に行動に出てもいいと思う。それを我慢してまで、働く意味はどこにも無い。

とりあえず、目の前の事に集中して頑張ってみることにする。